飲食店の経営においての必要な基礎知識とは

飲食店の物件の探し方

飲食店を経営するにあたり、立地条件は、とても重要です。物件を探す時は、何よりも集客の見込みがある場所に視点を置く事が必要です。お店の半径1キロから5キロに掛けての圏内にどれだけ人が暮らしているのか、一日のうちにどれだけの人通りがあるのか、出来れば曜日別、時間別に把握する事も重要です。ランチなど提供する場合は、近辺に人が多く勤務しているような会社があるなど、飲食店の種類によっても、求める立地条件や客層は、異なるものです。更に、駐車場を確保する事で、集客の幅も広がります。また、前に飲食店を営業していた店舗で、その時の設備を活かすことができれば、費用を最小限に抑える事も可能です。

飲食店の経営においての資格と届け出

飲食店を経営するにあたり、まず、食品衛生責任者と言う資格が必要です。これは、経営者が必ずしも取得しなければいけないと言うわけではなく、店舗に一人取得者がいれば問題ありません。しかし、取得は、それ程難しいものではないので、経営者が取得しておくと安心です。また、30人以上収容可能な大型店舗になれば、防火管理責任者も必要です。次に開業にあたっては、各役所に届け出を行う必要があります。飲食店としては、保険所への届け出は、必ず必要です。他には、30人以上収容の店舗であれば消防署、深夜営業を行うのであれば警察署、個人事業としての税務署への届け出などがそれぞれ必要です。

飲食店営業許可前の相談

飲食店営業許可を取得するにあたり、基準を満たしていないと、許可を得る事は出来ません。営業許可を取得する前に、事前に保健所へ相談する事は、有効的と言えます。店舗を新築する場合は、設計図を持って、相談すると良いものです。前が飲食店だった所に開業する場合は、ある程度安心は出来るものの、基準通りに保たれているとは限らないので、事前に相談しておくと安心できます。飲食店営業許可までの流れをしっかり把握しておく事が、まずは重要です。

飲食店の譲渡を検討している場合には専門の不動産業者に相談をすれば、短期間で買い手を見つけることが出来ます。