老人ホーム、選ぶときの3つのポイント3選

老人ホームの雰囲気を知ろう!

まず、老人ホームを選ぶにあたって、一番大切なことは「必ず足を運ぶ」ということです。もちろん、ほとんどの老人ホームが入居前に見学を勧めると思いますが、面倒に思って見学せずに入居してしまうと、「思っていた施設と違う!」と感じることもあるでしょう。家族が老人ホームを選ぶ時も、なるべく入居する本人を連れて見学に行くことが大切です。その時は、設備だけでなく、スタッフの対応や挨拶ひとつ、気になることはないか、細かくチェックしていきましょう。

医療体制を確認しよう!

老人ホームは、「高齢者のための」施設です。人間はもちろん、年齢が上がるにつれて、病気になったりけがをしてしまったりする頻度も多くなるでしょう。その時、老人ホームに関連病院があるかどうかによって、安心感が違ってきます。中には診療所が併設され、定期的に往診に来てくれる施設もあります。また、看護師が常駐しているか、日中だけいるのか、など、元気なうちから考えておくことで、もしもの時に大慌てをすることが少なくなるでしょう。

体験入居や昼食体験を利用しよう!

老人ホームの中には、一泊二日の体験入居ができたり、入居者の人たちと同じ食事を食べる体験ができたりする場所があります。入居しないかもしれないのに、そんな体験したら強制的に入居させられるんじゃないかしらそんな心配は無用です!それよりも、入居前に体験できることで、不安や不満が出てくるかもしれません。もちろん集団生活ですので、1人1人の希望をすべて叶える、ということは難しいでしょう。しかし、老人ホームとはどのような場所なのか、ということを知るためにとても役立つ機会です。多いに利用しましょう!

老人ホームなら浦和がお薦めです。都内からの交通アクセスも最適で、明るく家庭的な雰囲気な空間、新しくて綺麗な老人ホーム等、種類も大変豊富です。その他には「入居費0円」の老人ホームもあり、入居者やそのご家族にも、良心的といえます。