賃貸マンション選びは一人暮らしを始めるときの第一の節約

相場を知って安い賃貸マンション探し

一人暮らしをする上で第一の節約は賃貸マンション選びです。住む地域が決まっているのなら、その地域での一人暮らし用のマンションの相場を調べるのが第一に行わなければならないことになります。設備として欲しいものやなくても良いものを考えながら取捨選択していくとおよその相場がわかります。この相場観が大切で、そこから逸脱して安いものを見つけられたらそれが狙い目になります。安い物件探しにはまずは相場の理解が大切なのです。

礼金は毎月の家賃並に重要なポイント

賃貸マンションに住む際には初期費用がかかります。これをいかに抑えるかということも重要なポイントになります。礼金として合計で12万円支払ったとしたら2年間しか住まなかったとすると、実質上毎月の家賃が5000円高いのと同じことになってしまいます。敷金は最終的にはかえってくるお金だからよいとしても、礼金を極力0にするように交渉したり、もともと0円の物件を選ぶということは節約する上でとても重要な観点なのです。

家具付き物件で得をする

賃貸マンションに住むためには家具や家電を揃えなければなりません。これも準備に際しては大きな費用がかかるものです。ポイントとして抑えておくべきなのは家具や家電のついているマンションもあるということです。こういうところに住めば家具や家電を手配する費用を節約できます。ただし、そういったマンションは家具や家電のレンタル料が家賃に上乗せされていて割高になっている場合もあるということには注意しなければなりません。

家賃保証システムとは、不動産物件のオーナに対する保証契約です。賃貸契約を結んだ借主から家賃の支払いを受けることができなかったり、支払いが遅れた場合に、借主に代わって家賃保証契約を結んだ保証会社から未払い賃料を請求することができます。物件のオーナーは保証料を支払う事で家賃を確実に回収することができますし、借主に対して督促業務を行わなくてよいというメリットがあります。