畳の種類によって部屋の広さも変わってしまう!?

畳のサイズは種類によって違う

賃貸物件では、和室の広さを、畳何枚分かということを意味する「畳」で表記しています。畳文化に馴染んでいる我々にとっては、とても分かりやすい表現なのですが、引っ越しなどをしたとき、同じ6畳間であっても妙に狭いと感じることがあります。それはおそらく目の錯覚ではなく、畳の種類(サイズ)が違うせいでしょう。なぜなら、畳には「京間・中京間・江戸間」と呼ばれる地域ごとに種類が分かれる畳や、「団地間」と呼ばれる団地用の畳があり、一番大きい京間と一番小さい団地間の畳では、同じ6畳間でも1.6畳分も面積が違うという事情があるからです。

「京間4.5畳」と「団地間6畳」は同じ面積?

「京間4.5畳」と「団地間6畳」の面積を比べた場合、実際には団地間6畳のほうが若干(0.3畳分)広くなりますが、大まか目安として大体同じだということを知っておくと部屋探しのときに便利でしょう。実際の面積を紹介すると、京間は1畳あたり1.82平米なので、4.5畳分だと「8.19平米」になります。そして団地間の場合は1畳あたり1.44平米なので、6畳分だと「8.67平米」になります。ちなみに京間の6畳間と比べた場合、中京間は0.6畳、そして江戸間は1.1畳分狭くなるということも、あらかじめ知っておくと便利ですね。

それでも畳の大きさには基準がある

畳には地域や用途に応じて種類があり、そのサイズが違うと言っても、部屋探しをする人にとっては不便なものですよね。そこで首都圏の不動産業界は、消費者の利便性や基準の明確化を図るために「1畳分の面積は1.62平米以上」という基準を定めています。この「1.62平米」というのは京間を含む中京間以上の大きさを持つ畳を指すもので、それ以下のものに関しては、表記上、1畳とは認められないことになっています。いずれにしても、部屋の広さは自分の目で確かめるのが一番だと言えるでしょう。

北海道の南部に位置している函館市は、漁業や観光業が盛んな街としても全国的に知られています。市街地には住宅街も多く、函館市の賃貸物件は住みやすい賃貸物件がたくさんあります。