ここが重要!値下がりしないマンションの選び方

マンションの価値のほとんどは立地で決まる?

一般的には、マンションを購入してから1年で10%、その後は毎年4%程度価値が下がっていきます。しかし、建物の価値は徐々に下がって行きますが土地の価値は建物程下落しないといった特徴があります。値下がりしないマンション選びのポイントは、土地の価値が下がりにくい地域を選ぶ事が大切となっているんですね。また、都心部から近い事や地域の賃料水準が高くなっているエリアも人気が高い事から値下がりしにくい物件となっています。

特別感があるマンションは値下がりしない?

地域の中にランドマーク的な存在となっているマンションも多くありますよね。プレミア価値のあるマンションは、住む事でステータスを得る事が出来る事から高い人気がある事で大幅な値下がりはしないとされています。また、ランドマークではありませんが、再開発地域や駅から徒歩5分圏内といった将来的に活気付く事が期待されている地域や既に、交通アクセスが整えられているといった好立地となっているマンションも値下がりしにくくなっているんですよ。

値下がりしにくいマンションには、共通点がある?

値下がりしにくいマンション物件には、様々な共通点があります。総戸数が多い大規模マンションでは、共有施設や周辺環境が充実している事やスケールメリットを活かす事が出来る事で不便に感じる事なく生活をする事が出来る事や管理体制がしっかりしている事で建物の劣化が少ないといった点が挙げられます。同じマンションであっても、日照時間が長い南向きの物件や高層階の物件は他の部屋と比較すると高い評価や価値となっていますよね。

つくばのマンションは、鉄筋コンクリートで造られていて頑丈なだけでなく、ダブルオートロック機能といった防犯セキュリティもしっかりしているマンションになっています。